FC2ブログ

Merge/THE SAME ジョイント・ライブ in 名古屋

グッドニュース!!(長文です。あしからずご了承ください。)

古くからの友人である西本明くん、江澤宏明くん、Masa Meikyoくんのユニット「The Same」とMergeのジョイントライブが、三月に名古屋で開催されることになりました!!

すでにご存知のかたも多いかと思いますが、私と西本明くんは青春時代のルームメイト。
1977年頃(昭和52年頃)だったと思いますが、私が住んでいた千葉県市川市、市川駅近くの6畳一間、家賃一万七千円の風呂無しのオンボロアパートに、ある日西本くんが転がり込んで来て同居生活が始まりました。私21歳、明くん20歳の頃。

当時私はまだプロのミュージシャンになりたてで、明くんはまだアマチュアのミュージシャンでした。
もっとも私もプロといってもまだすごく貧しくて、明くんと折半していた八千五百円の家賃が払えないことも多々ありました。

仕事が終わって夜遅くに帰宅してから、アパート近くを流れている真間川沿いの銭湯に閉店間際に二人で駆け込んで、風呂上がりに近くの深夜までやっているラーメン屋でラーメンと餃子を食ったり、安い居酒屋で飲んだりと、当時流行っていたTVドラマ「俺たちの旅」や「俺たちの朝」のような生活を地で行く暮らしでした。
と言っても極貧だったので外食は月に数える程、基本は自炊でした。

その後、運良く私は甲斐バンドのサポートメンバーに抜擢されることになり、ようやく極貧生活から抜け出すことが出来ました。
そしてその一年後、明くんも甲斐バンドのツアーに参加することになり、甲斐バンドは私と明くんのツインキーボードの編成になりました。

当時、甲斐バンドはまだ「HERO〜ヒーローになる時それは今〜」でブレイクする前でしたが、すでに全国ツアーを展開している人気バンドで、私と明くんもそれまでの生活から180度逆の日本中を旅する生活に。
しかしここで問題が一つ、甲斐バンドのツアー先でのホテルの部屋は私と明くんでツインルームに泊まり、そしてツアーから家に戻っても明くんと六畳一間の二段ベッド(笑)
旅に出ても家に帰っても常に明くんと一緒で、一人になれる時間が全く無くなってしまい、それはそれでちょっと辛かったです。
やがて明くんは甲斐バンドを離れ浜田省吾さんのバンドへ、私はそのまま甲斐バンドのツアーを続けることになりました。

そして今度は二人のその後の人生を大きく左右する運命のイタズラが。
1979年の夏、ひょんなことから私と明くんはお互いの仕事をチェンジすることになります。
私が甲斐バンドから浜田省吾さんのバンドへ、明くんは浜田省吾さんのバンドから甲斐バンドのサポートへと、お互いのポジションをコンバートすることになりました。
今では考えられないような話ですが、そんなことがまかり通ったのどかな時代でもありました。

この頃、まだ私と明くんは共同生活を送っていました。金銭的にも少しゆとりが出来て、引っ越しをしたことで間取りも少しグレードアップして、家賃四万五千円の2DK風呂付きのマンションになりました。
一緒に生活していたので、コンバートも超スムーズでした。なにせ家でピアノを弾きながらお互いのパートを教え合うことが出来たし、譜面等の受け渡し等も家の中で完了してしまいました。

明くんとは浜田省吾さんのバンドでも一瞬だけ一緒にやったことがありますし、他にも伊藤銀次バンド、松原みき&カステラムーンでもツインキーボード編成で一緒にプレイしました。

それから程なく先に私が共同生活していたマンションを出て、数年間の明くんとの共同生活はピリオドを打ちました。その後、私は浜田省吾&TheFuseのメンバーとして、明くんは佐野元春&The Heartlandのメンバーとして活動をして行くこととなります。

その後はお互いにとても忙しくなり、明くんとは次第に疎遠になっていきました。
でも今思えばあの頃の生活は、もう決して二度と体験することの出来ない、私にとってかけがえのない宝物のような時間でした。

西本明くんの高校の同級生だった江澤くんとも、明くんと知り合ったのと同じ時期に知り合いました。元々明くんと江澤くんは千葉でアマチュアバンドを結成していて、二人とも当時からそのセンスとテクニックは、千葉のアマチュアサークルの中でも抜きん出ていました。

私と明くんが一緒に生活するようなると、江澤くんも年中私達の暮らすアパートに入り浸るようになりました。そしてその頃、私と明くん江澤くんで一緒にバンドを組んで活動したりもしていました。
やがて私の紹介で江澤くんも甲斐バンドにサポートベーシストとして参加することになり、そこから彼との長〜〜い付き合いが始まりました。

1981年に甲斐バンドから浜田さんのバンドに参加した江澤くんとは、1989年まで浜田さんのツアーやレコーディングを共にしました。
当時浜田省吾さんのツアーは年間120〜130本ぐらいあって、とにかく旅から旅への連続で、私と江澤くんはお互い気が合うこともあって、一年中行動を共にしていたと言っても過言ではありませんでした。

そして明くんと江澤くんの友達だったMeikyoくんとも同じ時期に知り合い、彼のデモテープのレコーディングやライブ等を、私と明くん江澤くんで手伝ったりもしてました。

そんな旧知の間柄である三人のユニットThe Sameと、Mergeのジョイントライブを開催することが決まって、今からとてもワクワクしています!!
そしてライブ当日は約40年ぶりに集結するメンバーで、何かミラクルなことが起きるのではと楽しみにしています。
そんな素敵な時間を是非皆さんと共有出来たら嬉しいです!

日程は3月11日(日)場所は名古屋メモリーレーンです。
皆さまのご参加をお待ちしてますー!!

======================================

Merge/THE SAME ジョイント・ライブ in 名古屋
2018年3月11日(日)名古屋Memory Lane(メモリーレーン)
名古屋市中区錦3丁目15-10 タワービル7F 052-971-3577

15時30分開場 16時開演
前売り¥4,000-(ドリンク別)当日¥4,500-(ドリンク別)

出演:Merge (Rareza:Vo、板倉雅一:Key、サポートメンバー/小板良輔:A.Gt)

THE SAME (Masa Meikyo:Vo&Gt、西本明:Key、江澤宏明:Bass)

予約、申し込み(お名前、連絡先、人数明記の上)
メールでの予約、お申し込み:memorylane619@gmail.com

お電話での予約、お申し込み:052-971-3577(18:00前は転送になります)担当:米本

または板倉雅一HP内のメールフォームからも予約、お申し込みを受け付けております(お名前、連絡先、人数明記の上)
http://air.edisc.jp/ima/MailForm_itasite/contact.html

MERGETHE SAME

Masakazu Itakura

Musician
Rarezaとのユニット「Merge」古村敏比古とのユニット「ズカルフ」としても活動中。

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター