Masakazu Itakura Official Blog
電池交換
2011年 11月 17日 (木) 23:35 | 編集
仕事で特殊なシンセの音色が必要になって、物置から何年も使っていないシンセサイザーを引っぱり出してきました。しかしこのシンセ、なにせ何年も通電すらしていなかったシロモノなので、電源が入るかすらも怪しい。


コードをつなぎ恐る恐る電源を入れてみると、、、入ったぁ! 当たり前か。
でもプリセットされていたはずの音色が出てきません。音色データがぜ~~んぶ吹っ飛んでしまった模様。液晶パネルをを見ると「Battery Low」の表示が。どうやら音色をメモリーしておくバッテリーが終わってしまったみたいです。というわけでバッテリーを交換することにしました。

音色メモリー用のバッテリーはどこにでも売っている「CR2032」というボタン電池。家に買い置きがあったのでそれを使うことにしました。

まずはシンセの裏蓋をはずします。ネジがたくさん付いているのでちょっと面倒(ネジの数22個!)。
syn2.jpg

裏蓋をはずすと基盤が登場。
syn3.jpg

これがボタン電池の格納場所。ポチっとはずして付け替え。超簡単です。
syn4.jpg

これが電池。前の交換の時にソニーの電池を入れたみたいです。
syn5.jpg

FD(時代ですなぁ)にセーブしてあった音色データをロードします。見事復活!!
syn6.jpg

これでメデタシメデタシと言いたいところだったのですが、内部からなにやら異音が、、、。どうやら電源トランス付近から謎の発信音が。う~ん、これはもう一度バラしてみないと分からないな。とりあえず音色には支障がないみたいなので、今日のところはこれで使っています。

後日もう一度点検してみようと思います。



| 音楽 | - | - |
copyright (C) Masakazu Itakura Official Blog all rights reserved.