Masakazu Itakura Official Blog
「MASTER TAPE~荒井由実「ひこうき雲」の秘密を探る~」
2010年 01月 14日 (木) 00:43 | 編集
荒井由実(現在は松任谷由実)の
デビューアルバム「ひこうき雲」という傑作レコードがある。
レコーディングには1年以上の時間がかけられ、細野晴臣をはじめ、
当時最高のスタジオミュージシャンたちが集まり、
ヘッドアレンジという全く新しいスタイルで楽曲を作っていった。 
この1年にわたるレコーディングの成果である「ひこうき雲」の
マスターテープ=マルチトラックテープは現在も保存されている。
そして、そのトラックにはさまざまな秘密が残っている。
番組では、レコーディングに参加した人達に集まってもらい、
実際にマスターテープを再生し、
ミックスされたレコードやCDではわからないような音までも聞きながら、
当時の様子を語ってもらう。
熱い思いでそこにその「音たち」を固定した松任谷由実や、
この傑作を世に送り出したプロデューサーの村井邦彦、細野晴臣、
そして関わった多くの人たちに語ってもらうことにより、
「ひこうき雲」完成の秘密を探る。    ~番組HPより。

********************************************************************

新年早々、何とも興味深い番組が1/16(土)21時~NHK-BS2でオンエアされます。
ユーミンこと荒井由実(現:松任谷由実)が37年前に発表した、記念すべきデビューアルバムのマスターテープを聴きながら、レコーディングに関わった方たちの証言を交えていくという番組です。

ユーミンのデビューアルバム「ひこうき雲」は1973年に発売された名盤です。ぼくも高校生の時に買って何回も聴きました。今でも愛聴盤の一枚です。
当時の日本の音楽としては間違いなくトップレベルの演奏と、録音技術が詰まったアルバムの秘密が解き明かされるのか否か、どこまで掘り下げてくれるのか興味は尽きません。

出演者は「ひこうき雲」のプロデューサーで、ユーミンを見いだした村井邦彦、キーボードでユーミンのご主人でもある松任谷正隆、ベースの細野晴臣、ドラムスの林立夫、スティールギターの駒沢裕城等、豪華メンバーが顔を揃えています。しかし、やはりというかギターの鈴木茂は出演しない(出来ない?)のですね。出来ればキャラメル・ママのメンバー全員に出演して欲しかったなぁ~。

でも番組を見るのが今から超楽しみです。
| 音楽 | - | - |
copyright (C) Masakazu Itakura Official Blog all rights reserved.